top of page

こんにちは、テキパキです

  • Facebook のアイコン
  • Twitter のアイコン
  • LinkedIn のアイコン
  • Instagram のアイコン

ストーリー

わたしには子供が1人います。産まれて1年半からシングルで息子と2人だけで暮らしてきました。
実家の母は亡くなっていて親族の協力が全くない中、父親のように生活費を稼ぐこと、子育て、教育、家のことまで工夫を重ねて完全なワンオペでした。

とは言っても自分だけでは子供を1人にさせてしまう時間がどうしてもあるので、12時間の公的保育のほかに、ナニーさん、シッターさん、ヘルパーさんを毎日組み合わせてお願いしていました。

多くの人が訪問してきて「何をしたらいいんですか?」と聞いてこられます。当時の私にはお願いすることを考えて整理する時間もないほどで混乱しましたが、絶対に子供に風邪をひかせることができないスケジュールなのに、自分の子を断りなく連れてくる方など 驚きの残念なサービスが多く

そんな中、1人だけ

状況を見て、さっと理解して、寄り添い、助ける

そうして下さる年配のベビーシッターさんが1人いて
その方のお仕事ぶりにたいへん感銘を受けました。

外で
フル回転で働き、仕事モードの脳からドアを開けてすぐに子供と食事をし、入浴、寝かしつけ、片付け、明日の準備、やり残した仕事をする。忙しすぎて片付ける時間もなく何がどこにあるのかもわからなくなったカオスで綱渡りの日常

それが何年も続きます。多くの女性がこのループに苦しんでいます。
保育園の園長先生をされていた方なのに、食器をさっと洗ってくださったり、息子をお風呂に入れてくれたり。

家庭の運営には手助けが必要。でも目配りが利いて安心できる人でないと余計に混乱します。そう思って











すべてのウェブサイトにはストーリーがあり、訪問者はあなたのストーリーに興味を持っています。フォロワーと共有したい個人的な情報や、サイトの訪問者をひきつけてやまないような興味深い逸話や事実をこのスペースで公開するといいでしょう。

テキストボックスをダブルクリックしてテキストを編集し、サイトの訪問者に知らせたい情報をここに追加してください。ビジネスサイトなら、あなたが始めたきっかけ、またどのような道のりをたどってきたのかを共有しましょう。あなたのコアバリュー、顧客へのコミットメント、そしてあなたがどの点で他よりも優れているのかを説明してください。写真、またはビデオを追加して、さらにエンゲージメントを高めましょう。

連絡先

私はいつも新しくエキサイティングな機会を探しています。ご連絡ください。

12-3456-7890

bottom of page